美容室を開くには保健所の確認が必要

美容室 for you

美容室を開くには保健所の確認が必要

美容室をオープンする場合は、所在地が管轄区域となっている保健所から、設備が法令で定めている基準に適合していることの確認を受ける必要があります。
美容室を開業する人は、美容室の工事の終了予定日もしくはオープン予定日の7~14日前までに、保健所に対して開設届を提出します。
開設届を提出する際には、施設の平面図や、働く美容師全員の免許証、管理美容師講習会の修了証などの書類と、印鑑、検査手数料も持参しなければならないので、不備が無いように準備しましょう。
保健所の担当者による検査の実施日は、開設届を提出したときに相談して決定されます。
検査当日は、店舗を開店時と同じ状態にして、設備が図面通りかつ法令の基準に通りに完成しているかどうかや、装置が正常に動作するかどうか、消毒設備が整っていて衛生面に問題が無いかどうかなどが細かく確認されます。
検査の結果、設備に問題が無いと判断されれば、検査日から3日以内に確認証が交付され、店内の見やすい場所に掲示することで美容室の開業が可能となります。
一方、設備に問題のある部分が見つかった場合は、その部分を直した上で再び検査を受けることになります。
なお、自治体には、開設を届け出る前に保健所に事前相談をすることを強く推奨しているところが多いです。
美容室を開設するにあたっては、開業に向けた工事を始める前の段階で保健所に行き、施設と設備の基準に問題が無いかをみてもらうことで、その後の手続きをスムーズに進めやすくなります。

ショッピングセンターにおける美容室

美容室はビルの建物の中に存在していたり、経営者の自宅に併設されていたりするというパターンがあります。
その他にも、ショッピングセンターの中に美容室が存在しているということもあるのです。
ショッピングセンターに存在することによって、次のような利点を挙げていくことができます。
美容室がショッピングセンターの中にあることで、利用客は買い物を行いながら訪問したりすることができるのです。
また、買い物目的でなくてもショッピングセンターの中にあるその場所だけを利用するという選択肢があります。
すなわち、利用客からすれば利便性が確保されている状態にあるということが指摘できます。
美容室を運営する立場からすれば、ショッピングセンター内にあるためある程度の集客を期待することができます。
その他にも、人が集まっている場所に店を構えているという長所を保有する結果になります。
ショッピングセンター運営組織においては、美容室が入居してくれることによってテナント料を期待することができます。
その他にも、その店を含む他の店舗に対して相互に利用することができるクーポン券の提案をすることもできます。
相互利用をすることによって、相乗効果によって生じる利益の拡大を見込むことができるのです。

recommend

年間500件以上の実績ある鑑定士が査定いたします。

茶道具買取 仙台

マンション経営に関するセミナーを随時開催中!

和不動産 評判

専用アプリケーションを用いて高速受信するパナソニック独自の最新技術です。

デジタルサイネージ 広告

最終更新日:2017/7/18

Copyright 2015 美容室 for you All Rights Reserved.